映像作家100人 JAPANESE MOTION GRAPHIC CREATORS 映像クリエイター 映像制作会社

Motion Graphic Creators

CLOSE
Company / Team
Creator

VR

Torazo

Dive into my drawing.
2DArt workInstallationVR

Dive into my drawing.

2023
00:02:00
[手法]
撮影場所: Resonite(VRソーシャルプラットフォーム)
使用VR機材: PICO4(オールインワンVRヘッドセット) / OBS使用
撮影ワールド「Ambient Creatures World」「花鳥風月 - All I need is imagination - 」
ワールド内3dモデル: TiltBrush, NeosBrush,Gravity Sketchを使用し制作しました。
ワールド内平面作品: アクリル画(ケント紙に制作後skyboxとして使用しています。)
ワールド内に設置している動画: OpenBrushで制作した作品を撮影・編集(DaVinci Resolve)
出演: Torazo(Doll avatar/CC0)
映像編集: KaiberAI,DaVinci Resolve
音楽制作: Riffusion.com/prompt [torazo,thchno,bell,zen,drums]
[作品について]
この映像作品は、約2年前ほどから現在進行形で取り組んでいるVRを使用した創作の中で表出した、新たな自分の表現方法のひとつです。テクノロジーの発達、そして周囲に居る素晴らしいVRユーザーの友人達の支え無しでは決して作れなかったと思います。
アバターとなって、自分が描いた作品の中を行き来する、数年前の平面作家であった自分には考えもしなかったこんな驚きの体験と創作の在り方を改めて目にした際の感動は、人生の中で決して忘れる事はないでしょう。
キャンバスや自分の頭の中に生まれた構想が、自分の幼少期の願望と近い状況で、空間ぜんぶで自分の作品と向き合えるVR空間では思わぬ着想や実装が叶う時があるのです。それを今回このような形で映像作品として落とし込めた事が大変に幸福です。

私の死生観も入っている「Ambient Creatures World」は、身近であった海の中を表現しています、きらめく生命や美しい海底の恐さどちらも併せ持ったこの空間では、いかなる時も自分らしく呼吸をしたいという願望が特に込められています。
また、「花鳥風月 - All I need is imagination - 」のワールドは、祖母宅に昔からある屏風絵の花鳥風月を自分なりにVR上で表現した世界です。小さい頃に、大きな屏風絵の前に立ってこの絵の中に入っていけたらどんな感じなのだろうかという妄想や願望をここへ表現しました。
様々な媒体を使って描かれた私なりのドローイングの世界へぜひ足を踏み入れて欲しいです。

サインアップして、映像アーカイブへの無限のアクセスを手に入れる