映像作家100人 JAPANESE MOTION GRAPHIC CREATORS 映像クリエイター 映像制作会社

Motion Graphic Creators

CLOSE

Creator

360° VR

Lonely Eyes
360° VR3DCGArt workCGInstallation

Lonely Eyes

2019
00:07:02

この作品では体験者を” 彫刻化” することを試みています
VR 作品を取り巻く環境には必ず、体験者とそれを眺める鑑賞者という関係が生まれます。
VR ゴーグルを装着した体験者と鑑賞者の視線がまじわることはありません。それはまさに美術館 に展示されている彫刻と鑑賞者の関係と一致し、観ることの暴力性を露わにします。 体験者は銃の引き金を引くことで、視界を開いていきます。” 撃つ” ことと” 観る” こと。
” shooting” のメタファーは私たちが生きる現代においてより過激性を増しているように思います。 VR 体験の最後に現れるメデューサは体験者を石に変えてしまいます。 石にされた体験者は文字通り身動きが取れなくなり、VR 空間の中で展示台の上に乗せられ鑑賞者 の目に晒されます。最後に体験者は現実空間でのインスタレーションが VR 世界の中で再現され ていることに気づきます。 私はこの生きた彫刻が生まれる環境に社会の縮図を観ることを促します。 それは当事者と第三者の関係についてです。周りでそれを観る、多くの鑑賞者は体験者を通して しか、内部の世界を想像することができません。展示空間には体験者が引き金を引くたびに銃声 がなりますが、体験の中で行われていることは視界の復活です。そこには大きなギャップがあり ます。この体験を通して、改めて多くの他人と関係を結んでいることに気づくことができます。

サインアップして、映像アーカイブへの無限のアクセスを手に入れる