Japanese Motion Graphic Creators 2018

映像作家100人 JAPANESE MOTION GRAPHIC CREATORS 映像クリエイター 映像制作会社

TAKAHARU SHIMIZU

清水 貴栄

TAKAHARU SHIMIZU

清水 貴栄

所属
DRAWING AND MANUAL
Category
アニメーション、実写、アートディレクション、デザイン、空間演出、人形演出

Profile

1987年長野県生まれ。武蔵野美術大学を卒業後、DRAWING AND MANUALに参加。手描きの風合いとコラージュ表現を作風としている。主な仕事にTV番組ではNHKこども番組のJAPANGLE、u&i、テイクテック、Q(キュー)こどものための哲学の演出とアニメーション、MVではtoto、なのるなもない、ヒグチアイ、Polaris、小島ケイタニーラブの演出、TVCMではJR東日本、Web CMではトヨタ、ラフォーレ原宿など、また水曜日のカンパネラのロゴマークデザインやNHK朝ドラ「ひよっこ」のポスターのアートディレクション、スガシカオのステージ映像演出などを手がけている。コラージュ作家としてオリジナル作品を発表し個展を開催、ワークショップを日本各地で開催している。2016年こども番組の世界的アワードであるプリ・ジュネスをチームで受賞。

Biography

2011年 「シミズタカハルとwindy展」銀座煉瓦画廊
2016年 プリ・ジュネス 11-15歳のノンフィクション部門 国際こども審査委員賞
2018年 プリ・ジュネス 11-15歳のノンフィクション部門 bronze
清水貴栄展「季節外れの扉とソナタ」SHITEKI NA SHIGOTO Gallery
2D Animation, AD, Animation, Art work, Art work,Audio Visual Performance, Art Works, Image, Motion Graphics, MV, PV

Nabowa“Swan” MV

2017

more