NEW RELEASE

Whateverが内臓の形をしたぬいぐるみ「Puppet Guts」、 Kickstarterでクラウドファンディングを開始。

Whateverは、ハンドパペットに入れて遊ぶことができる、内臓の形をしたぬいぐるみ「Puppet Guts(パペットガッツ)」が、Kickstarterにてクラウドファンディングをスタートしました。

http://kck.st/2Gmt545

Puppet Gutsは、クリエイティブ・スタジオ Whateverが、企画・制作・運営を行っている自社プロダクトです。人間に遊ばれていないときは死んだも同然の”空っぽ”状態なパペットたちに、かわいいGuts(内臓)を詰め込んで「命を吹き込む」ことができます。


もともとフワフワモフモフしたものが好きで、子供の頃からぬいぐるみやらパペットやらで遊んで育ちました。それである時、手を入れていないときのパペットって、中身がないからヘニャッとしていて、死んじゃってるように見えて可哀想だなぁと思ったのがきっかけです。例えば中に詰め込む内臓があればパペットに命を吹き込める(?)んじゃないかと思い、ぬいぐるみ製の内臓を思いつきました。ぬいぐるみとしてのクオリティにもこだわって作っていたら、思い立ってから実にここまでくるのに5年くらいかかってしまいましたw ぜひご支援のほど、よろしくお願いいたします!

Whatever クリエイティブディレクター 川村真司