Interview with Yuuki Kawakami

  1. 映像制作の現場に携わる前に、どのように、何を学びましたか?
    多摩美術大学情報デザイン学科で映像の基礎的な事を学びました。
  2. 映像制作の仕事の魅力は何だと思いますか?
    映画ならスタッフロールに名前が載ったりするのは魅力的な事だと思います。
  3. 作品作りにおいてどのような部分に力点を置いていますか?
    新しい表現を探すために普段使わないツールや、手法を取り入れ、そこから偶発的に出来たイメージを採用したりしています。
  4. どのようなワークフロー、あるいはプロセスで作品を仕上げますか?
    まずラフスケッチでアイデアを膨らませ、C4Dを使いイメージボードやコンテを作っていきます。そこから各カットへつながるようなアニメーションを考え動画へと落とし込んでいくことが多いです。
  5. 論理と直感どちらを信じますか?その理由はなんですか?
    最後は直感。
    ほとんどの作業は論理的に進めていると思いますが。カラコレや最後の1割は直感で決めるような感覚。理由はその1割が、今の自分の流行りだったり、時代背景に左右されるような気がするから。
  6. あなたに影響を与えたものを教えてください。人でも作品でも。
    作品だとAutechre - Gantz GrafのMV。人だとオオスミタケシさん。
  7. 追求している映像の手法や技術があったら教えてください。
    シンプルなグラフィックにちょっとした奥行きがある表現が好きで色々模索しています。
  8. 今回掲載の作品について、テーマやコンセプトなど詳細を教えていてただけますか?
    SPACE SHOWER TV package design / 円の要素を一つの音として捉え、それらが軌跡を描き、集合することで様々な音楽を形成する様を表現しました。
  9. 映像制作のプロセスで、魅力を感じる瞬間はどんなときですか?
    自分の手から離れた作品を映画館などで観たとき。
  10. 自分の代表作をひとつあげるとしたらなんですか?
  11. 最近お気に入りの余暇の過ごし方は?
    子供とレゴで遊ぶ事。
  12. どんな機材やアプリケーションを使っていますか?またそれを選んだ理由を教えてください。
    cinema4D
  13. 今後、挑戦してみたいことはなんですか?
    撮影もの、ドーム映像、あとVJ。