Interview with Yuka Sato

  1. あなたが働いている場所は、どんな場所ですか?
    京都の大学です。また、フリーでも映像制作を受け付けています。
  2. 映像制作の現場に携わる前に、どのように、何を学びましたか?
    北海道教育大学で、先生から技術や歴史などを学びました。
  3. 映像制作で普段のあなたの役割は?もしよければその内容についても教えてください。
    これまではほとんどアニメーションの作画から音楽の編集まですべて行っていましたが、今回の作品では初めて作曲をお願いして制作しました。
    仕事では自分の得意とする版画アニメーションだけでなく、ロトスコープを使ったCMや、アフターエフェクツを使った2Dアニメーションなども制作しています。
  4. 作品作りにおいてどのような部分に力点を置いていますか?
    自分の作品では、作品のテクスチャと動きを大切にしています。
    目で楽しむテクスチャを表現できるよう試行錯誤しています。
  5. 追求している映像の手法や技術があったら教えてください。
    版画のテクスチャ感をアニメーションで再現し、アニメーションならではの表現になるようにトライ&エラーを繰り返しています。
  6. 今回掲載の作品について、テーマやコンセプトなど詳細を教えていてただけますか?
    今回の作品は自分のこれまで生きてきたなかで感じた押し付けられる価値観に対する考えを映像で作り、同じテーマで音楽を作曲していただきました。
  7. この一年で観てよかった作品は?

    ・タンポポとリボン

    ・いろはに千鳥

  8. 今後、挑戦してみたいことはなんですか?
    いま作っているアニメーションのテクスチャをこれからも出していきたいです。また、布のフィルムを作り、それをかける映写機を作りたいです。