Interview with TSURIBU TOKYO

  1. 自分の得意とする表現のスタイルは何ですか?

    ナンセンスコメディ

  2. 今回提供いただいた作品についてコンセプトがありましたら教えてください。

    「好きに生きる」

  3. 提供していただいた映像について、テクニカルな部分について解説していただけますか?

    プロジェクション、アニメ、CG、カメラマッピングなど複数の技法をストーリーを軸に組み込んで一つの作品としてまとめた

  4. 尊敬しているクリエイターはいますか?それは誰ですか?

    湯浅政明(村松)
    池田亮司(松永)
    Daniels(村上)
    藤子・F・不二雄(渡部)
    黒沢清(高橋)
    小林賢太郎(渡邉)

  5. 制作において、どのような部分に重きを置いていますか?

    自分たちの表現欲求をどこまで作品に昇化させられるか

  6. 自分の代表作をひとつあげるとしたらなんですか?

    フジヤマさん業の仕事

  7. 制作のプロセスはどんなものですか?

    全員で企画を考え、ストーリーとビジュアルの双方から一つの作品を組み上げる

  8. 自分自身の活動で、大事にしていることはありますか?

    楽しさ

  9. お気に入りの映画は?

    桐島、部活やめるってよ/2012(村松)
    GHOST IN THE SHELL/1995(松永)
    脳内ニューヨーク/2008 (村上)
    うる星やつら2 ビューティフルドリーマー/1984(渡部)
    ファイトクラブ/1999(高橋)
    夢/1990(渡邉)

  10. 表現において、重要視している要素はなんですか?

    作品内にクリエイターを登場させるメタ構造やドキュメンタリー的要素

  11. 最近した仕事について教えてください。

    CGのシミュレーションやMographを使ったMV

  12. お気に入りの映像作品について教えてください。

    cows & cows & cows – Cyriak Harris(村松)
    Sex Bruise – DateNite(松永)
    POWER – Kanye West(村上)
    “Superflat Monogram Louis Vuitton” Cartoon – 村上隆(渡部)
    Star Guitar -The Chemical Brothers(高橋)
    雨と仔犬 – 高橋典/市川崑(渡邉)

  13. 将来の設計図はありますか?あなたのヴィジョンについて教えてください。

    映画とPVなどの映像作品との二軸で制作を続け、
    そこで得た表現方法やノウハウを相互にアップデートさせていく。