Interview with Taro Otani

  1. あなたが働いている場所は、どんな場所ですか?
    ワンルームを借りています。絵用の作業机とコタツと楽器があります。
  2. 映像制作の現場に携わる前に、どのように、何を学びましたか?
    美大/藝大には行かなかったのですが学生時代から音楽家やプログラマーとチームで短編アニメーションを作っていたので、その時にいろいろ勉強しました。 また、親族が彫刻家で家に現代彫刻に関するものが多くあったので、絵や造形などそこから学んだこともあると思います。
  3. 映像制作で普段のあなたの役割は?もしよければその内容についても教えてください。
    コンテ、イメージボード、キャラクター、アニメーションです。
  4. 映像制作の仕事の魅力は何だと思いますか?
    音楽や絵、テクノロジー、いろんなもの/人と共存できること。一方で一人であってもいいところです。
  5. 作品作りにおいてどのような部分に力点を置いていますか?
    気持ちのいい不協和音が出るといいなと思っています。
  6. どのようなワークフロー、あるいはプロセスで作品を仕上げますか?
    コンセプト→イメージボード→コンテ→アニメーション→編集です。
  7. 論理と直感どちらを信じますか?その理由はなんですか?
    論理と直感は輪になってるものだと思っているので、どちらを信じるというよりかは右回りで行くか左回りで行くかをコンセプトに合わせて決めるイメージです。
  8. あなたの好きな世界観はどのようなものですか?またそれをどのように作りこんでいきますか?
    かわいい鮮やかな世界観が好きです。かわいくない方向から作りこんでいきます。
  9. あなたに影響を与えたものを教えてください。人でも作品でも。
    ペリクレ・ファッツィーニ
  10. 追求している映像の手法や技術があったら教えてください。
    アニメーションです。
  11. チーム作りの秘訣はなんですか?
    今は一人なのでただの理想ですが、犬か猫がチームにいるといいなと思ってます。
  12. どんなタイプの人、あるいはモノに共感しますか?
    不完全さがオープンな人やモノです。
  13. 映像制作のプロセスで、魅力を感じる瞬間はどんなときですか?
    真剣にやった結果で変な絵が描けたときです。
  14. 自分の代表作をひとつあげるとしたらなんですか?

    serph-featherです。

  15. この一年で観てよかった作品は?

    ボヘミアンラプソディー

  16. 最近お気に入りの余暇の過ごし方は?
    田んぼです。
  17. 今後、挑戦してみたいことはなんですか?
    完全な自主制作がずっとできていないので、今年は作ろうと思っています。