CREATOR

 
 
CLOSE
CLOSE
Japanese Motion Graphic Creators 2018

映像作家100人 JAPANESE MOTION GRAPHIC CREATORS 映像クリエイター 映像制作会社

Interview with takahiro yasuda

  1. 映像はどんなふうに学びましたか?

    完全に独学です。19歳から始めたVJがきっかけ。

  2. 自分の得意とする表現のスタイルは何ですか?

    シンプル。明解。

  3. 仕事場はどんな場所ですか?

    金の単管パイプで組まれた空間。

  4. ひとりで仕事をするのが好きですか?誰かと仕事をするのが好きですか?

    一人で作るのは好きじゃありません。

  5. もっともインスピレーションを受けるものは何ですか?

    眼に映る日常と現象。

  6. 今回提供いただいた作品についてコンセプトがありましたら教えてください。

    小畑さんの緊張感のある最高のドローイングとDJ Uppercutさんの素晴らしい音楽が全て。その空気をいかにストレートに伝えるかのディレクション。

  7. 提供していただいた映像について、テクニカルな部分について解説していただけますか?

    企画から撮影、編集、カラコレ、最後のロゴモーションまで、とにかく丁寧に全ての工程を積み重ねていくこと。

  8. 尊敬しているクリエイターはいますか?それは誰ですか?

    佐藤晃一

  9. 自分の代表作をひとつあげるとしたらなんですか?

    快速東京”コピー”

  10. どのように仕事を管理していますか?

    マネジメントに管理してもらってます。

  11. 人生のモットーはありますか?

    継続は力なり。

  12. お気に入りの映画は?

    ミニオン

  13. 表現において、重要視している要素はなんですか?

    映像もグラフィックも、見た人が一言で他人に伝えられる作品である事を常に意識しています。

  14. 最近した仕事について教えてください。

    NIKE TOKYO ON AIRの企画、NIKE ATELIAIRのアートディレクション。

  15. 気分転換にやっていることはありますか?

    歩く。

  16. 仕事中に音楽は聴きますか?

    聞きます。