CREATOR

 
 
CLOSE
CLOSE
Japanese Motion Graphic Creators 2018

映像作家100人 JAPANESE MOTION GRAPHIC CREATORS 映像クリエイター 映像制作会社

Interview with Shuji Hirai

  1. 映像はどんなふうに学びましたか?

    美大に通っていましたが基本的に独学です。参考を集めて真似して検証してみたりするところからスタートします。

  2. 自分の得意とする表現のスタイルは何ですか?

    ベクター素材を使った2Dルックなモーショングラフィックスが得意です。3DCGのツールで2Dっぽいルックを作っていくのも好きです。

  3. 仕事場はどんな場所ですか?

    テック系のデザイン制作会社に勤めています。暇になったら自主制作をやらせてもらえる風通しのよいところです。

  4. ひとりで仕事をするのが好きですか?誰かと仕事をするのが好きですか?

    基本ひとりで、が好きです。わいわいやっていきたい気持ちもあります!

  5. 作品制作において、影響を与えたものはありますか?それについて具体的に教えていただけますか?

    大学生の頃にNHK Eテレで「テクネ 映像の教室」という番組が始まり、元々映像を志して大学に入ったわけではありませんでしたが徐々に映像表現の面白さに引き込まれていきました。その頃クラブでDMXを使った照明のバイトをしていたりもしたので、VJカルチャーや音楽との親和性の感じられる表現が自分のスタイルの根幹にあるような気がします。

  6. もっともインスピレーションを受けるものは何ですか?

    最近だとゲームです。作り込みが凄くて圧倒されます。

  7. 尊敬しているクリエイターはいますか?それは誰ですか?

    沢山いますが、辻川幸一郎さんは特に尊敬しています。コーネリアスの一連の作品群は最高です。

  8. 気に入っているツールはなんですか?

    CINEMA4D, VDMX, TouchDesigner

  9. 制作において、どのような部分に重きを置いていますか?

    与えられた尺の中、作品を視覚的な刺激だけでも楽しめるかどうか気にしています。ストーリーとか考えたりするのが苦手なので。

  10. 自分の代表作をひとつあげるとしたらなんですか?

    今回掲載していただいた、SPACESHOWER TVの番組「BIG HITS!」のタイトル映像です。短い尺ですが、自分の好きなスタイルを名刺代わりに伝えられるようなものにできたと思っています。

  11. 自分自身の活動で、大事にしていることはありますか?

    やってみて自分には合ってないなと思ったことは潔く諦めることです。

  12. 最近した仕事について教えてください。

    NIKE AIR MAX DAY 2018に合わせたNIKE KICKS LOUNGE表参道での映像インスタレーションにアーティストの一人として参加しました。他の参加者に畳谷 哲也さん、持田 寛太さん、平岡 政展さん、ぬQさん、玉山 拓郎さん、と錚々たるメンバーでした。

  13. 最近感動したことはありますか?

    映像作家100人に載ったことです。学生時代から目標にしていたので嬉しいです。

  14. 将来の設計図はありますか?あなたのヴィジョンについて教えてください。

    あまり具体的なことは決めていませんが、映像制作やグラフィックデザインを引き続きベースにしつつゲーム制作にも挑戦してみたいです。興味のある技術はその時々で移り変わっていくので、柔軟に物作りをやっていけたらと思っています。