CREATOR

 
 
CLOSE
CLOSE
Japanese Motion Graphic Creators 2018

映像作家100人 JAPANESE MOTION GRAPHIC CREATORS 映像クリエイター 映像制作会社

Interview with Ryo Orikasa

  1. 映像はどんなふうに学びましたか?

    茨城大学在学中に独学でアニメーション制作をはじめ、卒業後は東京藝術大学大学院映像研究科で学びました。

  2. ひとりで仕事をするのが好きですか?誰かと仕事をするのが好きですか?

    映像は一人で制作しています。音楽は他のアーティストにお願いしています。まず葛城梢さんにご相談することが多いです。大和田俊さんにもお願いしました。

  3. 今回提供いただいた作品についてコンセプトがありましたら教えてください。

    歌詞がことばに関する内容でしたので、アーティストが作詞したノートを見せていただいて、筆跡をうつし、動かしました。

  4. 提供していただいた映像について、テクニカルな部分について解説していただけますか?

    紙に描いた絵をパソコンに取り込んで加工をしました。

  5. 気に入っているツールはなんですか?

    蛍光灯の光るA3サイズのライトボックスをずっと使い続けています。

  6. 制作において、どのような部分に重きを置いていますか?

    作品の題材にあわせて技法を選択、または開発したいと思っています。

  7. 自分の代表作をひとつあげるとしたらなんですか?

    「Scripta volant」 (2011)

  8. 制作のプロセスはどんなものですか?

    原作があるものがほとんどです。絵コンテは書かず、つくりながら考えることが多いです。

  9. どのように仕事を管理していますか?

    制作には時間がかかり、同時にいくつも作ることができないので、締め切りのある仕事はなるべくしないようにしています。

  10. 最近した仕事について教えてください。

    2017年12月から2018年2月まで日比谷図書館の展覧会に参加しました。「水準原点」(2015)「Notre chambre」(2016)「地面の底の病気の顔」(2017)という三つの作品を展示しました。

  11. 将来の設計図はありますか?あなたのヴィジョンについて教えてください。

    制作を進めている短編作品が一つあるので、つくります。その後は、時間をかけて取り組みたい題材があるので、しばらく取り組む予定です。