Japanese Motion Graphic Creators 2018

映像作家100人 JAPANESE MOTION GRAPHIC CREATORS 映像クリエイター 映像制作会社

Interview with Reina Hamane

  1. 映像はどんなふうに学びましたか?

    大学時代にモーショングラフィックに興味を持ち、卒業後に入ったteeveegraphics incで全て教えてもらいました。

  2. 自分の得意とする表現のスタイルは何ですか?

    クリーンな実写・ポップなモーション、またはその二つを合わせた合成物が多いです。

  3. 仕事場はどんな場所ですか?

    現在は日本とアメリカの2拠点生活なので、いく先々で状況に応じてノマドをしたり、シェアオフィスを借りたりしています。いろんな環境があって、いろんな人がいて面白いです。

  4. 作品制作において、影響を与えたものはありますか?それについて具体的に教えていただけますか?

    その時によって色々ありますが、この仕事を始めた頃 psyop やHornet inc の作品によく感動していました。

  5. もっともインスピレーションを受けるものは何ですか?

    日々、生活をそういう風にできたらいいなと思っています。

  6. 気に入っているツールはなんですか?

    After Effects, Cinema4D

    最近趣味でVJを始めたので、Resolumeをもう少し掘り下げたいです。

     

  7. 制作において、どのような部分に重きを置いていますか?

    実写の場合は、演者・スタッフのみなさん・自分自身が興味を持って、できれば楽しみながら一緒に作り上げれるような企画にすること。

    モーションの場合は、見てて飽きない・どのフレームを切り取っても綺麗であること。音楽の人と細かく話すこと。

  8. 自分自身の活動で、大事にしていることはありますか?

    夢中になれること

  9. お気に入りの映画は?

    Requiem for a Dream

    エターナルサンシャイン

  10. 最近した仕事について教えてください。

    Chuning Candyの3rdシングル Sugar Sugar Sweet のMVは、私の中で久々のアイドルMVの仕事だったので、企画前に最近のMVをたくさん見ました。J-popとK-popの違いなどを見ていたら、アイドルシーンの変化や、双方がどのように進化してきたのかが分かって楽しかったです。結局今回のMVは、メンバー全員すごくかわいい子達なので、素直に王道路線で作ることにしましたが、MVの個性がでるように展開やセットなどをこだわりました。

  11. 仕事中に音楽は聴きますか?

    最新USチャートをYoutubeで流して、チラ見しながら作業しています。

  12. 将来の設計図はありますか?あなたのヴィジョンについて教えてください。

    2年半前に思い立ってNYに移住しましたが、日本とも遠隔でやりとりしたり、日本に戻って撮影・NYでグレーディングなど色々な形でお仕事をさせてもらっています。ここ数年の映像メディアの変化は激しいので、既成概念にとらわれずグローバルに柔軟に色んなことをやっていきたいです。