Interview with superSymmetry by omnibus japan

  1. あなたが働いている場所は、どんな場所ですか?
    さまざまなスペシャリストが有機的に交流できるデジタルスタジオ。(瀬賀)
  2. 映像制作で普段のあなたの役割は?もしよければその内容についても教えてください。
    デジタルアーティストとして映像制作、またはそのディレクション。(瀬賀)
  3. 映像制作の仕事の魅力は何だと思いますか?
    時間軸と空間軸をデザインできる。(山本)
    頭の中の曖昧なイメージを明確にしていくプロセス。(瀬賀)
  4. 作品作りにおいてどのような部分に力点を置いていますか?
    コンセプトに紐付いたプロシージャルなアートワーク。(瀬賀)
  5. どのようなワークフロー、あるいはプロセスで作品を仕上げますか?
    プロシージャルな仕組みを使ったジェネレイティブな絵作り。(瀬賀)
  6. 論理と直感どちらを信じますか?その理由はなんですか?
    重要な決断:
    論理(直感には願望のバイアスがかかっているから)

    瞬間的な決断:
    直感(瞬間的な場合はむしろフラットな判断に近いから)
    (山本)
  7. あなたの好きな世界観はどのようなものですか?またそれをどのように作りこんでいきますか?
    ジェネレイティブなアプローチで作られた高精細、高密度な世界観。(瀬賀)
  8. どんなタイプの人、あるいはモノに共感しますか?
    客観的、俯瞰的にものをみれる人。(山本)
  9. 映像制作のプロセスで、魅力を感じる瞬間はどんなときですか?
    ビジュアルプログラミングから生まれる偶発性。(瀬賀)
  10. 自分の代表作をひとつあげるとしたらなんですか?

    『Noesis』(瀬賀)

  11. 最近お気に入りの余暇の過ごし方は?
    散歩。(瀬賀)
  12. どんな機材やアプリケーションを使っていますか?またそれを選んだ理由を教えてください。
    Houdini、TouchDesigner。(瀬賀)
  13. 今後、挑戦してみたいことはなんですか?
    空間を生かした映像表現。(瀬賀)