Interview with nobutaka kitahara

  1. あなたが働いている場所は、どんな場所ですか?
    個室です。仕事場を共有するのが苦手で、独りが落ち着きます。
  2. 映像制作の現場に携わる前に、どのように、何を学びましたか?
    デッサンやグラフィックデザインを少しだけ学んでました。CGや映像制作は就職してからです。
  3. 映像制作で普段のあなたの役割は?もしよければその内容についても教えてください。
    演出からモデリング、アニメーション、エフェクト、コンポジットまで、出来る事はなんでもします。
  4. 映像制作の仕事の魅力は何だと思いますか?
    多くの人に観てもらえる事。
  5. 作品作りにおいてどのような部分に力点を置いていますか?
    自主制作の場合、ありふれたネタはなるべく避けて、オリジナルな世界観を出せるようにしています。音楽も慎重に選んでます。
  6. どのようなワークフロー、あるいはプロセスで作品を仕上げますか?
    基本的には全体から詰めていきますが、R&Dしながら細部から作っていく事もあります。
  7. あなたの好きな世界観はどのようなものですか?またそれをどのように作りこんでいきますか?
    抽象的、幻想的なイメージが好きです。まだまだ勉強中です。
  8. あなたに影響を与えたものを教えてください。人でも作品でも。
    音楽、絵画、映像、自然、宇宙、いろんな物や人から影響を受けてます。
  9. 追求している映像の手法や技術があったら教えてください。
    ビジュアルプログラミング、ビジュアルエフェクト
  10. 映像制作のプロセスで、魅力を感じる瞬間はどんなときですか?
    偶然に何かを見つけた瞬間。
  11. 自分の代表作をひとつあげるとしたらなんですか?

    Reaction-Diffusion

  12. 最近お気に入りの余暇の過ごし方は?
    病気を患ってまして、、散歩して紛らわしてます。
  13. どんな機材やアプリケーションを使っていますか?またそれを選んだ理由を教えてください。
    3dsmax、AfterEffects、Houdini、TouchDesigner、など
    使い慣れたアプリや使っていきたいアプリ。
  14. 今後、挑戦してみたいことはなんですか?
    ドローイングやペインティング