Interview with masanobu hiraoka

  1. あなたが働いている場所は、どんな場所ですか?

    アニメーション自体は独学で学びました。

  2. 映像制作の現場に携わる前に、どのように、何を学びましたか?

    手書きのアニメーションだと思っています。

  3. 映像制作で普段のあなたの役割は?もしよければその内容についても教えてください。

    今はCAVIARという会社で働いていますので、そこの事務所でいつも作業しています。

  4. 映像制作の仕事の魅力は何だと思いますか?

    仕事の内容にもよりますが、一人で作るのは好きな方だと思います。

  5. 作品作りにおいてどのような部分に力点を置いていますか?

    もののけ姫のドキュメンタリー。
    制作するときの考え方や姿勢。

  6. どのようなワークフロー、あるいはプロセスで作品を仕上げますか?

    小さい頃から漫画を読んでいましたので、自然とそこからインスピレーションは受けていると思います。

  7. 論理と直感どちらを信じますか?その理由はなんですか?

    機械と人を合わせたような絵と線の良さを見せたいと思いましたので、白黒で作りました。

  8. あなたの好きな世界観はどのようなものですか?またそれをどのように作りこんでいきますか?

    湯浅政明さんです。

  9. あなたに影響を与えたものを教えてください。人でも作品でも。

    photoshopを作画ツールとして使っております。

  10. あなたの会社はどんな会社ですか?大切にしているモットーはありますか?

    少しくすんだ色が個人的には好きです。

  11. チーム作りの秘訣はなんですか?

    LANDというアニメーションです。自分が初めてきちんと意識して作った作品だと思います。

  12. どんなタイプの人、あるいはモノに共感しますか?

    初めはアイディアや落書きを色々書いて方向性を決め、そこからコンテやラフな映像を作ってきます。

  13. 今回掲載の作品について、テーマやコンセプトなど詳細を教えていてただけますか?

    一年に一本ほど自分自身が好きな映像を作れたらと思っています。

  14. 映像制作のプロセスで、魅力を感じる瞬間はどんなときですか?

    きた仕事をうけて、スケジュールが埋まったらうけない

  15. この一年で観てよかった作品は?

    最近Netflixでみた疫病神シリーズとサイテー!ハイスクールが面白かったです。

  16. どんな機材やアプリケーションを使っていますか?またそれを選んだ理由を教えてください。

    自分の作りたい絵を作るために頑張る。

  17. 今後、挑戦してみたいことはなんですか?

    カップヌードルの予告や資生堂のアニメーションなどやりました。