Interview with MASAKI UEDA

  1. あなたが働いている場所は、どんな場所ですか?
    とても居心地の良いオフィスです。デザイナーもエンジニアも人のバラエティがすごいので、自分の領域外で困った時は知見がたくさんあります。
  2. 映像制作の現場に携わる前に、どのように、何を学びましたか?
    早稲田大学在学中にメディアアートを先行していて、
    SXSWに作ったハードウェアを出展したりしていました。街の中にあるインタラクションやテクノロジーに興味がありました。
  3. 映像制作で普段のあなたの役割は?もしよければその内容についても教えてください。
    撮影・演出・編集・カラーグレーディング、求められる案件によってはなんでもやりますが、メインはディレクターです。
  4. 映像制作の仕事の魅力は何だと思いますか?
    みんなが全力なこと!
  5. どのようなワークフロー、あるいはプロセスで作品を仕上げますか?
    まずは価値を考えて、そのあと企画にビジュアル落とし込んで行きます。
    企画→絵コンテ→演出→編集です。
  6. あなたに影響を与えたものを教えてください。人でも作品でも。
    押井守監督の作品たちです
  7. どんな機材やアプリケーションを使っていますか?またそれを選んだ理由を教えてください。
    RED GEMINIをチームで所有しているので、案件によりますが使うことが多いです。Adobe周りは全般使います。
  8. 今後、挑戦してみたいことはなんですか?
    より良い映像を作りたいです。お仕事の相談お待ちしています。