Japanese Motion Graphic Creators 2018

映像作家100人 JAPANESE MOTION GRAPHIC CREATORS 映像クリエイター 映像制作会社

SIGN UP

LOG IN

Interview with KOO-KI Co.,Ltd.

  1. 映像はどんなふうに学びましたか?

    ほとんどのスタッフは大学で映像もしくはデザインを学んでいます。

  2. 自分の得意とする表現のスタイルは何ですか?

    ディレクター毎に得意なスタイルが違う、混在しているのが特徴です。
    強いていえば「絶対に面白いものを作る」というポリシーを持っています。

  3. 仕事場はどんな場所ですか?

    ワンフロアで仕切りが無くコミュニケーションが取りやすい環境です。
    広いバルコニーがあって気分転換できます。

  4. ひとりで仕事をするのが好きですか?誰かと仕事をするのが好きですか?

    プロジェクトに合わせて社外の方々と一緒にモノづくりできる事が面白いと思っています。

  5. 気に入っているツールはなんですか?

    After Effect、Photoshop、Illustrator、Premiere、Mayaほか。

  6. 制作において、どのような部分に重きを置いていますか?

    求められていることをクリアする前提で、どれだけ面白い、人の心を動かせるものを作れるかが重要だと思っています。

  7. 自分自身の活動で、大事にしていることはありますか?

    何事も我が事だと思って取り組む姿勢です。

  8. どのように仕事を管理していますか?

    ディレクター、プロデューサーが週一回集まり、状況をみながら全体の仕事をコントロールしています。

  9. 表現において、重要視している要素はなんですか?

    映像の世界観。
    観ているひとにちゃんと伝わるか。

  10. 仕事中に音楽は聴きますか?

    スタッフが持ち寄った音楽を流しています。

  11. 将来の設計図はありますか?あなたのヴィジョンについて教えてください。

    永遠のテーマは「面白い映像を作り続ける」ことです。
    近い目標としては、オリジナルコンテンツを制作すること。
    映画、ドラマ、アニメ、アプリ、体験系コンテンツなど、他社の方々と協業していくつかの新しいプロジェクトに取り組んでいます。
    そのほか今年は海外への営業も積極的に行っていきます。