Interview with Koji Aramaki

  1. あなたが働いている場所は、どんな場所ですか?
    Mplusplus, FLIGHTGRAFとのシェアオフィスです。
    別領域の様々なクリエイターがおり、日々刺激が多い場所です。
  2. 映像制作の現場に携わる前に、どのように、何を学びましたか?
    web上の様々な情報を漁って勉強しました。
  3. 映像制作で普段のあなたの役割は?もしよければその内容についても教えてください。
    ディレクター及び演出としての参加が八割。デザイナーとしての参加が二割。
  4. 映像制作の仕事の魅力は何だと思いますか?
    自分の想像した別世界をビジュアルとして作れること。
  5. 作品作りにおいてどのような部分に力点を置いていますか?
    求められているものを意識しつつ、自分の納得できる要素を入れていくこと。
  6. 論理と直感どちらを信じますか?その理由はなんですか?
    直感。直感の働く根源は、論理や今までの経験など様々な要素の集合だと思うから。
  7. あなたに影響を与えたものを教えてください。人でも作品でも。
    細金卓矢、宮台真司、cornelius、エウレカセブン
  8. あなたの会社はどんな会社ですか?大切にしているモットーはありますか?
    会社を作ってからまだ一年なので、モザイク状態です。
  9. チーム作りの秘訣はなんですか?
    相手を信頼すること。
  10. どんなタイプの人、あるいはモノに共感しますか?
    ストイックな人、モノ。個人の情熱をうまく包もうとして包みきれていないもの。
  11. 映像制作のプロセスで、魅力を感じる瞬間はどんなときですか?
    自分が最初に想像していたものと別の良さを見つけられたとき。特に、イメージコンセプトを作った後、実際のシーン制作時に、より面白い表現に行き着いたとき。
  12. どんな機材やアプリケーションを使っていますか?またそれを選んだ理由を教えてください。
    After Effects, Cinema4D
    独学がしやすかったから。
  13. 今後、挑戦してみたいことはなんですか?
    久しぶりにモーショングラフィックスを主体にしたMVが作りたいです。