Interview with YOSHINO Kohei

  1. 映像制作の現場に携わる前に、どのように、何を学びましたか?
    大学院で植物生態学を学んでいました。
  2. 映像制作で普段のあなたの役割は?もしよければその内容についても教えてください。
    実写の演出、アニメーションの演出、アニメーター、デザイン、脚本、他。
    作品によって変わりますが基本的にコンテを描いて演出することが多いです。

  3. 映像制作の仕事の魅力は何だと思いますか?
    頭の中を形にできるところ。でも、思った形にならないところ。
  4. 作品作りにおいてどのような部分に力点を置いていますか?
    最近はドラマやキャラクターなど、全体の流れを考えることが多いです。
  5. どのようなワークフロー、あるいはプロセスで作品を仕上げますか?
    企画・アイデア出し→字コンテ→絵コンテ→制作
  6. 映像制作のプロセスで、魅力を感じる瞬間はどんなときですか?
    以前はコンテで描いたものが、実際に映像として繋がる瞬間が好きでした。今は長いものを考えることが多いので、ドラマのうねりが生まれていく過程が好きです。
  7. どんな機材やアプリケーションを使っていますか?またそれを選んだ理由を教えてください。
    adobe After Effects, Premiere,Photoshop,
    MAXON Cinema4D、他

    人が使っているのを見て使い始めたものが多いです。

  8. 今後、挑戦してみたいことはなんですか?
    これまで実写やアニメやCGなどバラバラの表現をやってきたので、
    一本にできる長編アニメ作品などをやってみたいです。