Interview with Kakeru Mizui

  1. あなたが働いている場所は、どんな場所ですか?
    お寺があり、街はのんびりとしたところです。
  2. 映像制作の現場に携わる前に、どのように、何を学びましたか?
    陶芸部で湯飲みやお茶碗、たまに急須を作っていました。
  3. 映像制作で普段のあなたの役割は?もしよければその内容についても教えてください。
    ディレクション、アニメーション、デザインをすることです。教育番組ではキャラクターからロゴ、OPまで一貫して作ることもあります。
  4. 映像制作の仕事の魅力は何だと思いますか?
    自分で描いたものが動く、だから楽しいです。
  5. 作品作りにおいてどのような部分に力点を置いていますか?
    力の入れどころはいつも変わってしまいます。
  6. どのようなワークフロー、あるいはプロセスで作品を仕上げますか?
    アイデア出し→ビジュアル作成→自分用ビデオコンテ→動きをつけ始め→コンテ→ビデオコンテ→作業→仕上げ
  7. あなたの好きな世界観はどのようなものですか?またそれをどのように作りこんでいきますか?
    静かだけどずっと眺めていられるようなものです。
    今後、頑張っていきたいです。
  8. あなたに影響を与えたものを教えてください。人でも作品でも。
    出会った先生とか上司の言葉はずっと残ってます。
  9. どんなタイプの人、あるいはモノに共感しますか?
    語りすぎなくて伝わるものはいいなぁって思います。
  10. 今回掲載の作品について、テーマやコンセプトなど詳細を教えていてただけますか?
    タイトルが「SUN」なので、太陽から色々と命が繋がっていく様子を描いています。作ってる最中にNHKスペシャル「未知への大紀行」とか「地球大進化」をずっと見ていたのでその影響が濃いかもしれません。
  11. 映像制作のプロセスで、魅力を感じる瞬間はどんなときですか?
    ビジュアルを作る時は時間もかかるけど、これからこれを動かすという楽しみができます。
  12. 自分の代表作をひとつあげるとしたらなんですか?

    https://vimeo.com/83217647

    「WORMY」
    大学の時のもので、今は好みも作るものも変わったけど、何が好きだったかとか、影響されたものが詰まっているので、自分が立ち戻れる場所だと思っています。

  13. この一年で観てよかった作品は?

    朝ドラ「まんぷく」

  14. 最近お気に入りの余暇の過ごし方は?
    尾道に帰って瀬戸内イオンを全身にまとうことです。
  15. どんな機材やアプリケーションを使っていますか?またそれを選んだ理由を教えてください。
    Adobe製品とDragonframe。ずっと使ってる分、やりたいことを形にする方法を理解しているから。
  16. 今後、挑戦してみたいことはなんですか?
    静かでも、ずっと眺められるものが作りたいです。