CREATOR

 
 
CLOSE
CLOSE
Japanese Motion Graphic Creators 2018

映像作家100人 JAPANESE MOTION GRAPHIC CREATORS 映像クリエイター 映像制作会社

Interview with Issei Yamagata

  1. 映像はどんなふうに学びましたか?

    「学ぶ」という意識で初めて映像と対峙したのは3年ほどくらい前に《ドグマ95》というデンマークの映画運動の作品を観てからです。それまで映画を一切観たことがなかったので、刺激的でした。後は基本的に映画観賞やインターネットの動画になります。コンピュータの画面を通して意識的に学習する事が多いです。

  2. 自分の得意とする表現のスタイルは何ですか?

    実際に現地に赴き撮影をしたり、身体を扱い獲得するようなこと以外です。 机の上での制作が基本となります。 あとは無理をしないことです。

  3. 仕事場はどんな場所ですか?

    自宅か大学内のアトリエです。

  4. ひとりで仕事をするのが好きですか?誰かと仕事をするのが好きですか?

    基本的に多人数で一つの作品を制作することは苦手です。しかしながら、展示などの企画を行うにあたっては、自分以外の他者と共同を組むことは好きです。 特に、展示における各作品の配置を決める時間は幸福です。

  5. 作品制作において、影響を与えたものはありますか?それについて具体的に教えていただけますか?

    主に映画とゲームとインターネットの体験になります。至って普通です。映画に関する具体例は、他の質問で重複していますのでここでは省きます。ゲームはスクウェアの作品などJRPGに大きく影響を受けました。あとは《どこでもいっしょ》シリーズです。《トロと休日》という作品はずっとやっていました。

  6. もっともインスピレーションを受けるものは何ですか?

    映画とゲームです。

  7. 今回提供いただいた作品についてコンセプトがありましたら教えてください。

    newreelで語ってしまいましたので、そちらを観ていただくのが一番適切かもしれません(すみません) https://newreel.jp/reel/618

  8. 提供していただいた映像について、テクニカルな部分について解説していただけますか?

    当作品はBlenderやCinema4D、Rhinoceros等の3DCGソフトウェアで制作を行っています。 それらでモデリングやオブジェクトの配置などの作業を行い、ある一つの場を作ることから始まります。その場が生成されるにおいてのルールとして、当作品の音楽を制作している角銅真実から与えられた言葉や、彼女が撮影した映像や画像に主従します。 その制作された場内のみで映像やイメージが完結するまで場を設定し続けます。後に、3D上のカメラを設定し、画面として切り取っていきます。

  9. 尊敬しているクリエイターはいますか?それは誰ですか?

    城一裕さん と、レコーディング・エンジニアの原真人さん。 私が学部の時に、この二人と出会わなければ作家を諦めていたと思います。 並びに、画家の郷治竜之介、現代美術作家の永田康祐には、いつも影響を受けています。この二人もまた、僕の人生において大きな存在です。

  10. 気に入っているツールはなんですか?

    Dynalistです。

  11. 好みの色彩は?

    #CAEEEA

  12. 制作において、どのような部分に重きを置いていますか?

    その作品の観賞を行う鑑賞者について想像することです(当たり前ですね)。 あと、無理をしないことです。

  13. 制作のプロセスはどんなものですか?

    形態にもよりますが、基本的にまずDynalistというアウトライナーを使い、箇条書きで現在自身がその作品制作において置かれている状態や諸問題を列挙します。それら箇条書きの深度をどんどん与えていくように詳細な記述を行い、そこから記述が枝分かれや削除を起こし、淘汰を発生させます。ある程度の淘汰を与えた後、そこから根幹を導き出し、それに従い制作を始めます。 しかしながら、最終的に作られた作品は、いつもそれら思考や記述を無視したり裏切る結果になっています。それが制作のイラつくところですし、良いところです。

  14. 自分自身の活動で、大事にしていることはありますか?

    人間以外の生き物と関わったり世話をすることです。

  15. お気に入りの映画は?

    ダルデンヌの《ロルナの祈り》、 ハネケの《タイム・オブ・ザ・ウルフ》、 トリアーの《イディオッツ》、 ヴィンターベアの《セレブレーション》、 マルケルの《ラ・ジュテ》、 エレイン・メイの《マイキー&ニッキー》、 カサヴェテスの《オープニング・ナイト》、 ノエの《カノン》、 ガンダムのファースト、 たまこラブストーリーなど…。とても影響を受けています。

  16. あなたが美しいと思う瞬間はどのような瞬間ですか?

    今まで美しいと思えていなかったものを美しいと思えた時です。

  17. 表現において、重要視している要素はなんですか?

    ある映画監督が言った言葉をよく思い起こします。 「ビリヤードをするとき直接球を打つか、クッションにあてるか。クッションに当てるほうがいい。ドラマツルギーを持つ作品とは、クッションではねる状況だ。わざとらしくなく、説明的でも衒学的でもなく。」

  18. 最近した仕事について教えてください。

    ある音楽のリリースに伴う紹介文を書きました。 このインタビューを答えている現時点において、まだ発表されていないので詳しくは言えませんが、大変素晴らしい作品だと思います。そういった作品に対し、私が文章を添えることが出来るのは本当に幸福なことです。

  19. 気分転換にやっていることはありますか?

    植物や生き物の飼育です。

  20. 最近感動したことはありますか?

    2018年3月頃にボルネオ島のRanauという町に行ったのですが、町内会の小さな祭り的なものをやっており、そこでカラオケ大会がやっていました(インドネシアやマレーシアではカラオケがすごく流行っているそうです)。 そのカラオケ大会で歌っている少女と、その会場近辺でシャボン玉をしている子供たちと、それを横でみている両親、という光景を観てしまったとき、よく分からないのですが大変感動してしまい、動けなくなりました。その街に滞在している間は、出来る限りその祭りの広場にいました。

  21. お気に入りの居場所はありますか?

    家です。

  22. お気に入りの映像作品について教えてください。

    Susan Hiller 《THE LAST SILENT MOVIE》

  23. 仕事中に音楽は聴きますか?

    制作の種類によります。思考を大きく伴うものにおいては音楽は聴きません(聴けない)。 淡々と手を動かすようなものにおいては聴きます。

  24. お勧めの音楽がありましたら、教えてください。

    木村恵子、Sajjanu、Don Caballero、Ahleuchatistas、Owen、Owls、Make Believe、Monster Machismo、きゃりーぱみゅぱみゅ、The Mars Volta、Oceania LTD、Grouper、Bogdan Raczynski 10代のころの趣味を未だに音楽では引きずっています。でも上記の音楽は本当に良く聴きました。後はゲームのサウンドトラックをよく聴きます。サガフロンティア2とか。

  25. 将来の設計図はありますか?あなたのヴィジョンについて教えてください。

    本当に無いです。