Interview with HIROSHI TAKEYAMA

  1. 映像制作の現場に携わる前に、どのように、何を学びましたか?
    CG会社にバイトで通い始めた事がきっかけです。
    それ以前は独学でアフターエフェクトが少々使えるレベルでした。
  2. 映像制作で普段のあなたの役割は?もしよければその内容についても教えてください。
    CG作ったり、たまに演出したり企画考えたりしています。
  3. 映像制作の仕事の魅力は何だと思いますか?
    いろんなクリエーターや面白い企画&手法に出会える事。
  4. どのようなワークフロー、あるいはプロセスで作品を仕上げますか?
    悩む→別の事をする→焦る→何か出てくる→一気に作る
    です。
  5. 論理と直感どちらを信じますか?その理由はなんですか?
    僕の場合、自分らしさとか経験値が直感から現れやすいので、
    判断に困ったら直感で。

  6. あなたに影響を与えたものを教えてください。人でも作品でも。
    砂原 良徳/lovebeat
  7. 映像制作のプロセスで、魅力を感じる瞬間はどんなときですか?
    頭の中が具現化できた時。
  8. 自分の代表作をひとつあげるとしたらなんですか?

    サカナクション グッドナイト プラネタリウム

  9. 最近お気に入りの余暇の過ごし方は?
    ドライブ。
    足つぼマッサージ。
  10. どんな機材やアプリケーションを使っていますか?またそれを選んだ理由を教えてください。
    iPad Pro。
    データの上にペンで書き加えられるから。
    ペーパーレス。