Interview with ChiharuShimura

  1. あなたが働いている場所は、どんな場所ですか?
    地下のダンススタジオだったり、デスクだったりします。
  2. 映像制作で普段のあなたの役割は?もしよければその内容についても教えてください。
    監督/コレオグラファーをしています。
    監督の時はMVやCMの演出(絵コンテ・編集・作中のグラフィック)をやってます。
    コレオグラファーの時は、色々な現場でタレント・ダンサーに振り付けをしています。

    もちろん監督をして振付ている時もあります。
    振付師と映像ディレクターそれぞれで活動することもあります。
  3. 映像制作の仕事の魅力は何だと思いますか?
    たくさんの人と出会って一つのことを作ることができること。
  4. 論理と直感どちらを信じますか?その理由はなんですか?
    基本は、直感。
  5. あなたに影響を与えたものを教えてください。人でも作品でも。
    vivision 児玉裕一(師匠)
  6. どんなタイプの人、あるいはモノに共感しますか?
    愛おしいものを愛おしい!好きなものを好き!と楽しく生きてる人。
  7. 映像制作のプロセスで、魅力を感じる瞬間はどんなときですか?
    はじめから終わりまでいつもどきどき感動の中で過ごしてます。
    が、
    今パッと浮かんだのは現場で振付を無事踊れたキャストさんと抱き合っている時や、ばか寒い撮影がオールアップしてダンサーの人と抱き合ってる時!!!
  8. 自分の代表作をひとつあげるとしたらなんですか?

    監督作品

    かかってこいよ

    振り付け

    ラインモバイル

  9. この一年で観てよかった作品は?

    映画 Shape of Water

    舞台 イデビアンクルー 「排気口」

  10. 最近お気に入りの余暇の過ごし方は?
    決めたその週に温泉にいく。
  11. 今後、挑戦してみたいことはなんですか?
    アーティストのライブへの振付・映像演出をしてみたい!!です!!