Japanese Motion Graphic Creators 2018

映像作家100人 JAPANESE MOTION GRAPHIC CREATORS 映像クリエイター 映像制作会社

映像作家100人 2018

Japanese Motion Graphic Creators 2018

New Reel & 映像作家100人 AWARD 2018

COMMING SOON

 

New movies

 
Art work, Audio Visual Performance, CG, TV-CM

Discovery Japan “Sculptures” Idents

OnesalはDiscovery Japanの3つのIDと1つのフィラーを同じクリエイティブディレクションのもとで制作した。

私達はそれぞれのIDで抽象的な3DCG彫刻をデザインし、視点の転換がもたらす意義の変化や新発見といったDiscoveryのコンテンツを表現した。このプロジェクトは私達にとって信じられないほど楽しいもので、制作プロセスのなかで得たものも大きい。

 

All movies

 
Experimental Film, Video Installation

genesis

哲学的、科学的な視点を抽象的に解釈して、事の始まりを描いた実験映像作品である。哲学上の概念のエーテルや、太陽系の出現、生命の源となる海、そして私たち。太古と現在を行き来しながら、アーティストの空想による様々な創生の様子を描く。作品の中核を担う、赤い布は生命の根本的な臓器である心臓や、哺乳類の栄養源となる胎盤を暗示し、太鼓の演奏は生命のリズムである心拍音をなぞらえて空間に響かせた。設定となる白い明るい部屋、水の中のトンネルはアーティスト自身が昔から記憶する幼少期の記憶に基づいており、時空間に束縛されない設定で空想を繋ぐ。技術的には3DCGは一切用いず、すべて実写を取り込み、アニメーション技法で編集している。赤い布は被写体に過去から未来の時間を含めるslit-scan技法で回転させた。物質と生命の差とは、生きるとは?極大から極小の傍観と、過去から現在に至る記憶の光景に、アーティストが感じる生きる概念を詰め込んだ。

Animation, Art Works, Competition Work, Documentary, Live Action, Short Film

exodus

一つの飽和点に到達したシステムの反作用を、アリの行動を通じて人間社会に問いかける実験的映像作品。簡素化された空間内に配置された、始まりも終わりもない無限回廊の立方体上を、アリは天から降り注ぐエサを得ながら歩き続ける。アリのフェロモンは回廊と同様の無限の軌跡を描き、後続のアリへの道しるべとなる。フェロモンのフィードバックに気づいたアリは次々と下界への脱出を図り、再び円環状に歩き出す。本作は小さな生物の視点通じ、虚構の仕組みの果てにある一つの法則を視聴者に問いかける。

3DCG, Animation, Motion Graphics, Motion logo, Moving Logo, Opening Movie, Title movie

industory 2017 オープニング映像

関西一大クリエイター向けイベント"industory"にて主に扱う4大ジャンルを,洗練されたサウンドと抽象ビジュアルで表現したモーショングラフィックス作品。透明感のある色使いと線を基調としたモーションタイポグラフィにより,斬新な表現とメッセージ性を盛り込んだ。

more

  • 映像アーカイブへの無限のアクセス
  • フィルタリング機能
  • クリエイターへのコンタクト

映像作家が作り出す、刺激的なクリエイティブの世界を体験しよう。

書籍「映像作家100人+100」を購入された方はこちら

CLOSE
CLOSE

SIGN UP

LOG IN

映像視聴を年間購読