Japanese Motion Graphic Creators 2018

映像作家100人 JAPANESE MOTION GRAPHIC CREATORS 映像クリエイター 映像制作会社

映像作家が作り出す、刺激的なクリエイティブの世界を体験しよう。

デジタルもアナログも。映像作家が作り出す刺激的なクリエイティブの世界へ。
今を走り続ける先端の、創造体験に参加してみませんか。

CLOSE
CLOSE

SIGN UP

LOG IN

映像視聴を年間購読

Interview with Koji Aramaki, Yohsuke Chiai

  1. 映像はどんなふうに学びましたか?

    千:京都精華大学のビジュアルデザイン学科にて映像に触れながら、
    個人制作をしたり、プロジェクトに参加させていただく過程で、制作と吸収を繰り返しました。
    卒業後は個人でお仕事をさせていただきながら、荒牧さんたちとチームで制作したり、
    CEKAIというクリエイティブアソシエーションにも所属し、プロジェクトに参加しています。
    個人での制作と共同制作を行き来しながら、今に至ります。
    荒:学生時代に映像サークルに入ったことをきっかけに独学で始めました。その後仕事を始めてからはプロジェクト毎に毎回勉強しています。

  2. 自分の得意とする表現のスタイルは何ですか?

    千:コンポジットで素材を重ねたり組み合わせたりして画を探っていくことが多いです。
    予想できない表情や色、表情が生まれたときはとても嬉しいです。
    荒:極端なものが好きなので、シンプルなときはギリギリまで要素を削り、情報量を増やすときは細部の要素まで拘ってデザインするようにしています。

  3. 仕事場はどんな場所ですか?

    千:3人で一室をシェアして仕事しています。また、CEKAIのスタジオで制作したりもします。
    荒:4名でシェアオフィスの一部を借りています。ハードウェアを作っている会社や、プロジェクションマッピングアーティストなど、様々な人がおり、いろいろな刺激を受けられる環境です。

  4. ひとりで仕事をするのが好きですか?誰かと仕事をするのが好きですか?

    千:どちらにも取り組んでいきたいです。
    一緒に仕事をさせてもらうことで刺激を一杯受けることができますし、
    それぞれの得意な表現を持ち寄ったりかけあわせたりすることで、
    一人では絶対に作れないものが出来上がる喜びがあります。
    そして、共に完成へ向かっていく一体感もとても気持ちいいです。
    一方、ひとりで表現のスタディを積み上げたり、細かな部分をリサーチしたり、
    共同制作の中で発見した、さらに追求したいポイントに取り組んだりする時間も非常に重要だと思っています。
    どちらも行き来しながら表現を膨らませていきたいです。
    荒:千合さんと同じ意見です。

  5. 提供していただいた映像について、テクニカルな部分について解説していただけますか?

    プレーンな質感の状態で流動的なアニメーションをCinema4D上で作成し、
    After Effectsで何度も歪み加えて、液体のような質感や、滲み、複雑な表情をつくりました。
    動きや抑揚はしっかりコントロールしながら、コンポジットの過程で偶発的な画を狙っていけるように上記の工程を踏んでいます。

  6. 好みの色彩は?

    千:淡いトーンでのグラデーションが好きです。
    また、コンポジットや、ディストーションを加える過程で偶然生まれる色に興味があります。
    荒:原色と淡い色合いの組み合わせが好きです。

  7. 制作において、どのような部分に重きを置いていますか?

    千:少なくとも一箇所は必ず、前回試せなかったこと、
    まだ挑戦したことのない要素をいれるようにしています。
    荒:最初に制作をスタートした瞬間では想定できないことを加えていくことです。

  8. あなたが美しいと思う瞬間はどのような瞬間ですか?

    千:近頃は、気候や、光の拡散によって、空気の層を感じる瞬間に興味があります。
    荒:見慣れたものが少し見方を変えた時にデザイン的に見える瞬間です。

  9. 気分転換にやっていることはありますか?

    千:ロードバイクに乗っています。
    荒:衝動買い